お知らせ

お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(8):大井モノレール『発見』の顛末」(『鉄道ジャーナル』2020年11月号)

『鉄道ジャーナル』の連載「公文書でたどる鉄道裏史」、9月19日発売の2020年11月号では「大井モノレール」という未成モノレールを取り上げました。写真は大井モノレールのルートとして想定されていた場所です。 以前、『東...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(7):小湊に行けなかった小湊鉄道の千葉乗り入れ」(『鉄道ジャーナル』2020年10月号)

『鉄道ジャーナル』の連載「公文書でたどる鉄道裏史」、8月21日発売の2020年10月号では京成千原線、というより最近いろいろな意味で話題になった(苦笑)小湊鉄道の新線計画を取り上げました。 小湊鉄道→千葉急行電鉄→京成へと計...
お知らせ

【新刊】「南武線の駅・廃線めぐり 過去・現在・未来を乗り歩く」(『鉄道ジャーナル』2020年9月号)

発売直後にご紹介できない状況が続いていて、申し訳ございません(汗)。 『鉄道ジャーナル』の連載「公文書でたどる鉄道裏史」は一回お休みし、2020年9月号(7月18日発売)では乗り歩き記事「南武線の駅・廃線めぐり」を書きました...
お知らせ

【新刊】「東京圏鉄道未来図2020」(『鉄道ファン』2020年8月号)

今月は『鉄道ジャーナル』のほか、『鉄道ファン』でも久しぶりに書かせていただきました。特集「東京圏鉄道未来図2020」の記事のうち、私は「『神奈川東部方面線』第2段階へ」と「東京圏鉄道整備プロジェクトの現状~『交政審198号』から4...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(6):遊園地を目指した京成の廃線と未成線」(『鉄道ジャーナル』2020年8月号)

『鉄道ジャーナル』の連載「公文書でたどる鉄道裏史」、2020年8月号(6月18日発売)の第6回は、京成電鉄の遊園地「谷津遊園」に絡む廃線(谷津支線)と未成線(谷津遊覧線)です。 前月号と同様、以前発行していたPDFタイプの電...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(5):私鉄文書で見つけた弾丸列車の痕跡」(『鉄道ジャーナル』2020年7月号)

先月に続いてご紹介が遅くなりました(汗)。『鉄道ジャーナル』の連載「公文書でたどる鉄道裏史」、2020年7月号(5月21日発売)の第5回は、駿豆鉄道(現在の伊豆箱根鉄道)と岳南鉄道(現在の岳南電車)の未成線に関するあれやこれやです。 ...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(4):東急が主導した札幌の鉄道計画」(『鉄道ジャーナル』2020年6月号)

ご紹介が遅くなりましたが、『鉄道ジャーナル』の連載「公文書でたどる鉄道裏史」、2020年6月号(4月21日発売)の第4回は、札幌急行鉄道のあれやこれやです。 札幌急行鉄道は、タイトルの通り東急、というよりは東急の実質...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(3):未成モノレールの『薄い本』」(『鉄道ジャーナル』2020年5月号)

『鉄道ジャーナル』2020年5月号が発売されました。連載「公文書でたどる鉄道裏史」3回目は、戦後の未成モノレールに関するあれやこれやです。 戦前の未成モノレールに関しては、小野田滋「わが国における戦前のモノレール計画...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(2):『犯罪人』にはなりたくない」(『鉄道ジャーナル』2020年4月号)

公文書から鉄道事業者のあれやこれやをほじくり出す意地の悪い連載シリーズ。1回で即打ちきり……にはなりませんでした(笑)。2回目は「沼尻鉄道」こと磐梯急行電鉄です。 私は未成線を調べるために鉄道関係の公文書をあ...
お知らせ

【新刊】「公文書でたどる鉄道裏史(1):『出頭』しなかった鉄道会社の社長」(『鉄道ジャーナル』2020年3月号)

久しぶりに紙媒体からの発注があり、記事を書きました。鉄道公文書から鉄道事業者のあれやこれやをほじくり出すという、意地の悪い企画です(笑)。 主題は四国中央鉄道という未成線の事業者ですが、なぜか「桜を見る会」についても冒頭で少...